内海機械

お客様のニーズを即、カタチに。 単品を多能工により超短納期で。

ABOUT COMPANY 企業情報 ひとりひとりのお客様に寄り添い、モノづくりを通じて社会に貢献

FUTURE 内海機械の未来 5S、3定、見える化、からくり改善、16大ロスに取り組み、工場全体のショールーム化を実践

社会や時代のニーズに応える多能工を育成し続ける。

金属加工部品が超短納期で必要となったとき一番に声をかけていただけるよう、優秀な多能工を育成し続けます。
また、受注生産における技術力の高さ・正確さはもとより、短納期にも対応できる環境を整えてまいります。
多能工による卓越した技術の魅力を発信し、地域に愛される企業であり続けたいと願います。

MAIN EQUIPMENT 主要設備 最先端の金属加工技術を持つ設備を完備

RECRUITMENT 採用情報

オーダーメイドを支える、多能工になろう。

採用情報はこちら

ACCESS アクセス


内海機械

株式会社内海機械
〒726-0002 広島県府中市鵜飼町743-1

大きい地図を見る

CONTACT お問い合わせ

TEL:0847-45-6300(代)/FAX:0847-45-6400

メールからのお問い合わせ

VISION理念

地域社会や顧客にとって必要とされる会社であること
常に新しい価値創造ができる多能工の育成
卓越した経営規範のもと、地域社会のニーズに素早く対応

内海機械の揺るぎない企業理念です。

COMPANY OVERVIEW 企業概要

   
商号 株式会社 内海機械
所在地(本社) 〒726-0002 広島県府中市鵜飼町743-1
電話 0847-45-6300
FAX 0847-45-6400
設立 1949年4月1日
資本金 4,980万円
代表取締役 内海和浩
従業員 13名(男性10名、女性3名)
売上高 1億5,800万円(2015年10月)
売上高推移 1億3,600万円(2012年10月)
1億4,300万円(2013年10月)
1億7,300万円(2014年10月)
1億5,800万円(2015年10月)
1億3,900万円 (2016年10月)

HISTORY沿革

 
昭和24年(1949年) 初代 内海敬太郎が織機メーカーとして創業
昭和47年(1972年) 2代目 内海滋之が木工機メーカーとして社長就任
平成 4年(1992年) 工作機械に事業を移す
平成19年(2007年) 3代目 内海和浩が社長就任
平成27年(2015年) ものづくり補助金採択
平成28年(2016年) ものづくり補助金採択(2回目)
平成28年(2016年) 経営力向上計画採択
平成28年(2016年) 経営革新計画採択
平成28年(2016年) 中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金 交付決定

複合旋盤

NC旋盤とマシニングセンタの機能を併せ持つ工作機械。

  • INTEGREX J-200 UNIVERSAL/ヤマザキマザック
    最大加工径φ500mm・最大加工長 500mm

NC旋盤

コンピューター制御によって、金属などを削り加工。

  • TAC-650/滝沢 φ650×3000
  • TAC-510/滝沢 φ510×1500
  • TAC-360/滝沢 φ360×600

マシニングセンタ

削りや中ぐり、穴あけなど異なる種類を一度に加工。

  • MTV515/40N/ヤマザキマザック
    1050×510×560
  • NEXUS410A-Ⅱ/ヤマザキマザック
    560×410×510

横中ぐり

円筒状の穴を開けたりドリルなどで開けた穴を大きく加工。

  • YZB85/山崎技研
    900×740×490

円筒研削盤

円筒状の工作物の外周を研削する加工。

  • GPH-30B・50/シギヤ精機製作所
    ~φ300、内径研磨も可能

平面研削盤

工作物の平面を研削する加工。

  • PSG64DX/岡本工作機械
    600×400×250

キーシーター

金属の工作物に溝を加工。

  • TK-60/宝
    3~28mm

溶接機

ふたつの金属を瞬時に溶かし、金属同士をつなげる加工。

  • 半自動溶接機/ダイヘン
    Co2
  • TIG溶接機/ダイヘン
    アルゴン
PAGE TOP